性の話を周りが邪魔をする

子供にむかって性について話していると、
周りが邪魔をします。特に姑、義父といった親族が
文句を言ってきます

怒る祖父

「そんなことを教えるのは、まだ早い!」
「セックスやペニスなんて単語を使うのはよせ!」
「高校ぐらいになったら、学校で習うから大丈夫だ」


それに対して、私が言うことはいつも同じです


「じゃあ、おっしゃるとおりにしておいて、ウチの娘が生理が
来ないとなったとき責任を取ってくれるのですか?」


これでしょっちゅう姑や義父とケンカをしていました
しかし正直これは私も悪かったですね^^;

なにせおばあちゃんの時代と、今の時代は全く違うからです
携帯電話やインターネットもなければ、テレクラも無い
性に対しての意識も違う

できちゃった結婚なんて、ほとんど居ない
恥ずかしいモノ、だらしのないモノだと思われる時代です
今と違い、ちゃんと避妊をしていたのでしょう

というわけで、私は「なぜ早めに性教育をするのか?」
言うことをデータを集めて話しました。

そして「娘の将来のためを考えてわかって欲しい」
お願いしました

すると義母さんもわかってくれ、それ以降、人間関係でも
とても上手くいっています

もし解ってくれなかったとしたら、ケンカしたままでも
ちゃんと教えていたでしょうね